三宮駅徒歩2分・心療内科・精神科・カウンセリング・内科の神戸みなと診療所です。

もの忘れ外来

もの忘れ外来

高齢社会を迎え、認知症が増加しています。厚生労働省研究班の推計では、65歳以上の高齢者の15%が認知症であり、2012年時点で約462万人に上るとされています。また、認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も400万人いると推計され、65歳以上の4人に1人が認知症とその”予備軍”となる計算です。

認知症とは?

画像の説明

認知症とは、何らかの原因により記憶や判断力などの脳の働きに障害がおこり、日常生活に支障をきたす「脳の病気」であり、単なる「物忘れ」ではありません。認知症の原因は様々です。病気の原因が異なれば、行う治療も異なります。認知症を正しく診断し、治療の方針を決定することは極めて重要です。診断のためには、認知機能のテスト、血液検査、画像検査などを行う必要があります。

このような症状があればご相談下さい

  • 何度も同じことを言ったり、尋ねたりする
  • 物の名前が思い出せない
  • 同じ食べ物を何度も買って来る
  • 料理のレパートリーが減り、同じような料理ばかり作る
  • 財布などの大事な物を失くすようになった
  • 最近の出来事が思い出せない
  • 話がまとまりない
  • 以前より怒りっぽくなった
  • 好きだった物事や趣味に興味を示さない

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional